ロードバイクで自転車旅行へ行くときにやるべきことはなに?

タイヤとブレーキのチェックをしっかりと行う

ロードバイクなどで自転車旅行を楽しみたい場合、どのような準備をすればいいでしょうか。まず、車体のチェックをしておきましょう。特にブレーキとタイヤは劣化しやすいので特に見ておきたい部分です。タイヤの場合、溝がなくなってつるつるになっていたり、ひび割れがあるようだと旅行中にパンクすることが考えられます。なので、タイヤを新しいものにしておくのが安全です。ブレーキの整備は個人でも十分できますが、ワイヤーの交換になると知識なしでは難しいので自転車店に持ち込んでやってもらう方が楽です。自転車を電車や車に載せて目的地まで行き、下ろしてから自転車に乗るという場合は荷物を別にできるのでいいですが、自宅から目的地まで自転車で行く場合はリュックなどを載せられるキャリアの取りつけも必要になります。

移動中のアクシデントに備えるために

整備が終わったら、自転車とともに持っていくものを準備しましょう。まず、携帯用の空気入れとパンク修理キットは用意しておきたいものです。というのは、山道など店がまったくないところでパンクをしてしまった場合、街に出るまで相当な時間がかかってしまうからです。パンクをしても構わず漕いでしまうと、チューブがパンクしたところだけではなく全体的にだめになってしまって交換するしかなくなってしまうのと同時に、リムやホイールといった部分も曲がったりゆがんだりしてしまい、修理するのにかなりの時間と費用がかかってしまいます。それと、自転車を漕ぎながらでも食べられる固形の栄養食を買っておくといいでしょう。自転車に乗っているときに体力が切れてしまうと、まったく動けなくなってしまうからです。

旅行ガイドブック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です